アフターサービスについて

平成18年1月20日 作成

平成24年12月31日 震災対応の追加

令和3年9月20日 パーツ等について

当工房で製作した作品・特製品・組み立て品等のアフターサービスにつきましては、特に故意等以外の
細かいキズや塗装剥げの簡単な修理・補修につきましては
基本無償修理をしています。
但し以下の項目にあてはまるものに関しては有償修理となりますので御了承下さい。

○ 動力車で走行摩耗してモーター・パーツ等の交換が必要な場合・車輪・ギア廻りの清掃

○ 塗装等の剥げや塗膜落ちがひどく簡単な修理・修復が基本的に困難と思われる場合

○ 車番インレタの剥がれ、こすれ

○ 他の工房等で作られた物・加工を施された物を持ち込まれた場合

○ 走行コンディション不良による故障やキズ

○簡単な補修・修理では無く本格的な更正や修理を求められている場合

○ 新たに調色等をしなければ出来ない塗装の補正

○ 何回も同じ部分をやり直す等の不正行為ともとれる場合(この場合はお断りする事もあります)

動力ユニットのパーツや旧製品のパーツについて
(令和3年9月20日 追加)

近年製品の代替わりが多くなって、動力ユニットの改変がかなり頻繁に行われる様になっており
旧製品になっているパーツの欠損が目立つ様になってきました。
特製品に使用しているパーツも有る程度まではストックしていますが、古い物はもう入手不能品がかなり出ており
修理不可もしくは代替品に交換という場合が出てきております。
また以前に使用していたパーツ類も廃番品になる等の物が多くなっている為これらに核当する場合は以前は無償修理の範疇でしたが
新たに手配をし直さなければならない場合は申し訳けございませんが有償修理分とさせて頂きます。

現在の所はM−5系の動力ユニットや旧製品のTNカプラー等のトミックス製パーツで手に入らない物が出ています。
カトーも代替わりした製品のパーツは手持ち品限りとなりますのでよろしくお願い致します。
なおインレタにつきましては現在手配がつかなくなっています。




この様な補修・修理は原則無償修理です。
(初期の古い製品でも当工房が存続している限り致します・当工房特製品はケース台紙と製品ナンバーが入っています)

一部の小さなパーツの欠落や筆等でのタッチアップ補修で可能な塗装剥がれ


震災対応について

今までに当方の作品をお買い上げか製作依頼を頂いて今回の地震等で車輌作品の破損にあわれた方は
平成23年中まで有る程度までの回復可能品で有れば無償にてさせて頂きました。
当工房の製品台紙付の正規品で有ってB級品や分売パーツは含まれません


震災についての考え方

当方の震災についての考え方については先に発表している様に破損した車輌を修理していくというものですが、
これは私自身が体験した約20年前の阪神大震災での経験に基づいています。
当時大阪市内で天満という所に住んでいてマンションが被災して電気・ガス・水道の全てがストップ、壁の一部の剥落と
ガス管が破損して室内に充満、食器棚やタンスも全部倒れて果物を漬けていた瓶とワインやお酒の一部も割れてしまい
床や畳の上に数十センチの陶器とガラスとシロップとワインのドロドロとした物が積み重なって外に出るだけでも相当の時間が
かかる様な1日の始まりでした。(ベランダの厚底サンダル履きベニヤ板を敷きながら3Mに小一時間かかる)
当然出勤出来る様な状態では有りませんでしたが、電話線が生きていて勤務していた病院から何が何でも
出てこいという命令を受けて、安否確認(町内会と警察の合同)をしないまま何とかして病院に出勤しました。
(誰にも頼めないので帰宅するまで行方不明扱いになっていて張り紙がしてありました。部屋はカギをかけずに出ました)
それから数日は家には帰る事が不可能で24時間勤務を強いられて電車が復活してから片付けの為に
帰宅してみると模型関係は相当の被害が出ていて一部のケースは水に浸かってしまい、接着が外れた車輌も多数有り
少しずつですが回復させていきましたが自分の分を修復するのに約1年ほどかかってしまいました。
また病院内で模型をやっている人の修理も引き受けたので相当数を修理したと思います。
修理はまず洗浄作業を徹底して交換可能の物が有れば使える部品をパーツ取り等をして出来るだけ回復させましたが
(2〜3個で1両に統合となった場合が多い)最終的には100両程度はどうにもならず破棄した思い出が有ります。
こういった過去からこちらで出来る事は出来る限りの事をさせて頂いています。

工作代金(作業料)は基本発生致しませんが、パーツの交換が出た場合は(TNカプラー等の交換等)
パーツ代としての実費を請求致します。
また、行き帰りの送料
(宅急便代)は申し訳ございませんがご負担頂きます。

補修・修理が済みました作品は着払いの宅急便で返送させて頂きます。
実費が出た場合はご連絡を差し上げて了承を得た上からの作業開始となります。

返送に関してはなるべく早期の返却をしていますが、工程が混み合っている場合は多少のお時間を頂きます。
原則として返送時期の確実なお約束(何日に返送してほしい)は致しかねますのでよろしくお願いします。

修理ご依頼の場合は事前に必ずご連絡をお願い致します。
(着時間が指定出来れば午後4〜6時指定が受け取りやすいです)

返送先

〒570−0023 大阪府守口市日向町5−19

ユッフッアー・ゾンネンウーア 掛 通勝 (かけ みちかつ)

TEL/FAX06−6996−4395


先頭ページへ戻ります

模型トップページへ