名鉄 神宮前駅の立体交差の風景

名鉄 神宮前駅を豊橋方面に行くとすぐに始まる立体交差の風景をかなりのデェフォルメをしての風景です。
大きさは1200ミリ×300ミリでこれに飾り台とアクリルケースを作成しています。

今回はディオラマ本体部分の製作風景をアップします。

ディオラマ本体はベニヤ板5.5ミリを基本材として土手の部分は35ミリ→70ミリまで順次昇って行き鉄橋のカーブ前10センチからは水平になり
鉄橋部分はトミックスの複線トラス鉄橋を改造加工してそれらしく見せています。
なお鉄橋部分の構造は一部分(鉄橋の端に切れている部分)は模型強度上オリジナル形態では強度不足が明らかなのでコンクリート製の物との仮想で
作成しています。(本物は鉄骨のトラス+鉄製のボックス形状の桁がメインの構成)

鉄橋の橋桁となる構造物の完成前の画像

この部分は特徴が有るので風景的に外せないと思われたのでスクラッチで作成しています。
強度的にも充分である程度までは耐えられる物になっています。丸くなっている部分はボックス構造を完成させてから
ヤスリ整形+ペーパーで仕上げています。

鉄橋部分の作成

現在の実物は少し変わっていますが今回の風景の再現は昭和40年代なのでプレートガーター橋のプレートの高さが異なっています。
内側に三角の支柱が有るのは現在でも同じです。材料は1.0ミリのプラ板+0.5ミリ板で作られています。
このガーター橋の作成は意外と難しくて約10日間ほどの製作時間が懸かっています。

土手部分の作成

土手ののり面はGM製の石垣(乱積み)を7枚程度組み合わせて1枚ものにして下側は瞬間接着剤で固着させています。
上面も下側が固着してからベニヤ板に貼り合わせておりこれは固着中の撮影です。
画像の右側にある出っ張りは旧跨線橋の台座でこれは現在も残っています。
旧跨線橋の台座は古い物なのでレンガ積みの物を貼り付けています。(旧ヘルヤン製品を使用)

鉄橋部分の完成

下地塗りの塗装済み画像

ディオラマ本体の下地塗装はアクリル絵の具を使って塗装します。
鉄橋部分はと石垣は田宮のエナメル系で塗装しています。
今回はエアーブラシでは無く筆塗りを複数回行って塗装の劣化は荒れ・汚れの表現をしています。(ドライブラシ技法)
橋脚末端部分はこの後に塗装しました。
塗装状態の時には飾り台座を下側に増設しておりその部分は焦げ茶を塗装します。(飾り台座とディオラマベースの差は各6ミリ有ります。)


完 成 画 像

平成になるまでは基本的にプレートガーターはこの形でした。
まだ7000系パノラマカーや旧型車輌が混在していた頃を想定して車輌を乗せて撮影しています。
なおこのディオラマは上に5ミリ厚のアクリルケースが付いていますが、保護の為取り付け画像がありません。
なお車輌は当方の手持ち車輌のみで撮影しており、依頼された方の車輌では有りません。

現在このプレートガーター橋は平成に入って補修工事を受けてプレートの部分が大きく切り取られており、深緑→ライトグリーンに塗り直されて
本線の複線の部分は現在は1本なり土手の後ろ側に本線の豊橋方向への線路があります。
ガーター橋の基本構造は大きくは変わってはいないので実物との大きな違いはガーター中央部分がディオラマではコンクリート橋脚としていますが、
本当はこの部分が鉄骨のトラス構造物になっている事です。
この部分は昔から相当の変化が有り現在のJR線を挟んで両側に駅舎があり貨物輸送用の連絡線として作られたのが始まりで
一番最初に作られたガーター橋の土台が手前にあるのはその名残でもっと直角に交わり急カーブで曲がって降りていく様になっていて
築堤は現在よりもさらに後ろ側にありました。この経緯は鉄道ピクトリアルの別冊より出典です。

こういった実物風景を製作する場合はその風景のエピソードがどんな物だったのかを知る事から始まります。
本来なら7〜800メートル近く有る物を1200ミリにディフォルメさせておりむ無理をどこまでそうで無い様に見せるかが
こういった物には必要不可欠のエッセンスだと思っています。

番 外 編

次回以降にいつの間にか増えていると思います。