車輌史編さん会 応援・協力ホームページ

最新更新日 平成29年12月5日

今までに顧みられる事のあまり無い電車・機関車の技術的な事、車輌の図面や付属図、
実際に搭載された機器類の図面や配置
配線・配管図にわたる詳細なる資料書籍の決定版を目的として刊行致しました。
当初より完全な営利目的では出版しておりませんので予定数に達し次第終売となります。

今後鋼製客車シリーズは31系から24系・50系まで通巻として刊行する予定です。
今後の企画として電車シリーズ・気動車シリーズ・貨車シリーズ・鉄道施設シリーズを検討しており基礎資料を収集中です。

当方のこの書籍に関する考え方としては、車体構造や室内の割付基本配管構造や配線図が車輌製作に当たって
大変参考になっています。模型用の線図の引き直をする事によって理解度が深まっていくのが感じられます。
また系譜上を辿ることに拠って技術的進歩や部材材料の質変化も見られて興味深い物が有ります。
写真グラフも楽しい物になっており、国鉄鉄道車輌の技術的な事柄の基礎本として重要な位置を占める物と思います。
詳細図面が多く付属設備や書き込み書体も例示されていて実際にはどうだったかという疑問の解決に繋がります。

このページは車輌史編さん会のホームページが無い時代より許可を得て独自に作成していたものをそのまま続けています。
現在では編さん会自身のホームページもありますので非公式のページとして開設しております。
従いまして掲載している画像は全て許可を得て掲載されていますが著作権自体は車輌史編さん会が持っていますので
当方の画像であっても転用するには編さん会の許可を取る必要が有ります。


国鉄鋼製電車史 モハ63形 中巻

モハ63形は戦時の設計であることに加え、昭和26年の桜木町事故による改造工事でモハ72形のグループへと改造されたので、
資料や写真が非常に少ない形式でしたが、40年間に渡る資料収集によりその全貌を略解明することができました。
本書は既刊の「国鉄鋼製客車史」シリーズと同様に、モハ63形、サハ78形、クハ79形の落成時から72系への改造までの車両構造と
改造工事、各種試験記録、事故記録等を詳細な資料と図面と共に解説します。

本体価格 6,500円(税込7,020円)
A4判 208頁



国鉄鋼製電車史 モハ63形 上巻 

上巻は戦中の設計開始の経緯から一時中断して戦後の再製作に伴う再設計と63形の基本的概要を紹介しています。

本体価格 6500円 税込み価格7080円


次回の刊行予定は20形 固定編成の客車 ですが、構造等の複雑化や資料収集の膨大性から刊行時期を未定とさせて頂きます。


ナハ10系 下巻  軽量構造の客車
本体価格 10000円 税込み価格10800円

下巻は改造車・近代化改造と体質改善工事・主な設備改造・事故・試験記録を収載しています。

発刊されてから在庫切れになるまでの期間がかなり短くなって来ました。
入手希望される方はなるべく早くのお申し込みをお願い致します。
(再発刊する予定は最初からしていないので一回限りの配本です)
本書は国会図書館収蔵指定書籍になっております。


ナハ10系 中巻 軽量構造の客車 寝台車・検測車編
本体価格 10000円 税込み価格10500円

10系寝台車の開発経緯から基本的構造を軸に他系列台枠からの改造車(オハネ17等)マヤ検測車までの範囲を網羅されています。


ナハ10系 上巻 軽量構造の客車 座席車・荷物車編
本体価格 10000円 税込み価格10500円

客車という枠だけでなく、以後に製作された電車の構造も基本的に同じ手法を使っていて技術的にはエポックメーキングな車輌であり
これだけ纏められた書籍は他に存在しないほどの圧倒的な資料となっています。


第8編 スハ43系 切妻の客車(下巻)
本体価格 10000円 税込み価格10500円

戦後客車としての技術的エポックメイキングがこの巻に書かれています。
客車・電車にとっての昭和28年という時代がひとつの時代の基礎を築いた年という事を改めて再認識させられます。


第6編 オハ71系 戦災復旧客車(上・下巻)
各巻 本体価格 10000円 税込み価格10500円

今まで改造要項が殆ど不明だった部分を図面や調査資料と写真を多数掲載して体系的な解説をします。
今回配本(上下巻)のグラフページの容量は圧倒的な数量です。


第7編 オハ61系 綱体化改造客車(上巻と下巻) です。
本体価格 各10000円 税込み価格10500円

現在発売中です。
表紙をクリックすると少しだけ内容を載せたページに行きます
グラフページは16ページの増設で合計124ページとかつて無い情報量となっています。(下巻)
今回の下巻は改造されていく車輌を詳細に追っており情報量は膨大なものですが、
かなりコンパクトにまとめられおり編集の腕の見せ所となつています。
付図は最小限ですが、以前の図面や本文中の写真解説に拠って具体的にされています。

最新刊 国鉄鋼製客車 オハ35系長形台枠・丸屋根の客車 上・・下巻 
形式車種が多いため今回 上・中・下 の3巻分冊となります。
本体価格 10000円 税込み価格10500円

上巻の内容
スイテ49・マイロネフ38の車輌構造や各年度別の車輌構造 スシ38冷房装置の詳細
戦時体制の代用材・構造簡易化・灯火管制対策等のあまり知られていない部分も明らかにしていきます。

中巻の内容
戦後製造再開のマイネ40・41、オユ36、マニ34の半切妻車からスハ42への変遷
平軸受けのTR23からTR34ころ軸受けへの変遷等の貴重な資料を満載してお届け致します。

巻の内容
戦時下での改造(スハシ38等をマハ47へ)・戦災復旧車輌・戦後の連合軍指定車輌・その後の改造車等
複雑な経緯を紐解きます。


既発売刊

国鉄鋼製客車 スハ32系(スハ32800形の一族)上巻・ 下巻
長形台枠・丸屋根の客車
本体価格 各10000円 税込み価格10500円

国鉄鋼製客車 スハ32系(スハ32600形の一族)
長形台枠・モニター屋根の客車 

下巻 各本体価格 9000円 税込み価格9450円

国鉄鋼製客車 オハ31系(オハ44400形の一族)
魚腹台枠・モニター屋根の客車

上巻・下巻 本体価格 8500円 税込み価格8925円

本の内容と画像を少しだけ転載しています。上の画像をクリックして下さい。

当会に直接お申し込みの場合は発送料525円別途必要です。


国鉄新性能電車シリーズの詳細ページ

新性能電車シリーズ第5巻 最新刊の155・159系修学旅行電車を刊行。

福原俊一 著 A4判 164ページ グラフ12ページ
細部写真 30点 明細図面90図  車歴表 年度末配置表

画像をクリックして頂くと詳細ページへ移動します。


現在版元切れは下記の通り
国鉄新性能電車シリーズ 1〜5巻
国鉄鋼製客車シリーズ 1・2・3編(31〜32系シリーズ)
第8編(43系シリーズ)は上下巻までが版元在庫無しです。

書店での在庫は別となっていますので取り扱い書店にお問い合わせ下さい。

ご注文は在庫を確認のうえで下記住所・電話番号までお申し込み下さい。
2冊以上お申し込みの場合は各巻の合計金額足して下さい。

〒352−0025  埼玉県新座市片山1−17−10
車輌史編さん会

FAX 048−485−8383(編集事務所) 

郵便振替 00120−3−351148

メールでのお問い合わせはhensankai@mbn.nifty.com

当ページは現在協力ページですが、本からの写真や内容に関しての転載は編さん会より許可を得て製作しています。

ホームページへ戻る