昭和35〜40年頃
旧国鉄福知山線伊丹駅のレイアウト

現在 伊丹市立博物館の玄関にて常設展示となっています。
RMM誌112・113号に製作記を掲載しています。

伊丹駅 本屋 正面の画像

レイアウト全景

伊丹駅 大阪行きホーム
簡単に加工したD51の貨物列車が中線に停車中

貨物ホームより同列車を撮影

福知山方面のホーム風景           貨物列車の貨車入れ替え風景

特急 まつかぜ(82系)が伊丹駅を通過!

貨物駅の風景 作業員が荷役をしています。

          日本通運 伊丹支店の事務所                    駅と貨物駅の間にある駄六川水路

踏切付近 C57−36(福知山)の牽引する客車列車

C57−36(福知山)の牽引する客車列車にはオハユニ61がしんがりを勤める

駅南側に今も残る忠魂碑

     駅名標 ちゃんと読めます。         駅前商店街のアーケード          駅前交番とタクシー営業所

特急まつかぜ の走行風景


運転会の時しか観れないセクション

通常の展示ではお見せできない部分です。こちらは運転会をする時のみ組み立てられてお目見え致します。

制作中の画像集へ進みます


画像はどうだったでしょうか?車輌を入れて撮影するとちゃんとした地面を作って良かったなーと思います。
この一連のページのご意見・ご感想有りましたら是非お寄せ頂ければと思います。

感想メールはこちらまで kake@juffer−sonnenuhr.com